「道にいる」ってこと

僕たちの人生は「道の途中」だらけだ。


自分のしていること、関わっていること、


それらは、"もうゴールに着いた"


とは言えないことがほとんどだし、


ゴールに向かう道の途中だ。


そういえば、"生きてる"ってこと自体が


道の途中なんだと思う。


自分がやっていることの道の途中で


やめてしまって道から外れるときに


それは"中途半端"になるのかもしれない。


だから、道草しても、道端に座っていても


「道にいる」ってことが大事なんだと思う。