「心がある」ということ

”何かをやる”ということよりも、

 

まずそこに「心がある」ということが大切なんだと思う。

 

「心がある」というのは、そこには「心が動く」ということがあるわけで

 

「心が動く」ということは、そこにはアイデアやひらめき、気付きなど

 

自分の心がその方向に向く何かがあって、

 

それが近い、もしくは遠い将来に良いものを生み出すという

 

想い(期待)があって、そういうものは

 

たとえ周りの人が関心を払わないとしても

 

いつの間にか人が引き寄せられ、

 

人が喜ぶものを周りに与えることに繋がる。

 

だから「心がある」ことや「心がある」ものは

 

真似できそうで真似できないものになるんだと思う。