狭い・小さい”拠り所”

僕たちは自分の枠の中で物事を考え、

 

物事を見て、物事に取り組む。

 

人に教えたり、子どもに接したりする時も、

 

自分の枠の中の理解や経験で教えたり、

 

接したりしやすい。

 

つまり、多くの場合、しっかりとした根拠があったり

 

裏付けがあるというよりも、自分という人間の

 

理解と経験という狭い・小さいものを”拠り所”に

 

してしまっているという現実がある。

 

でも、世界はほんと広くて、僕たちが自分の枠を超えて

 

学び、求めようとするなら、はるかにしっかりとした根拠のある

 

ことがあったりする。

 

それを取り込めるかどうかは、結局のところ自分次第だ。