持っている実力を発揮するために

目標に向かって取り組んでいるときに

 

目の前にあらわれる課題に対して

 

1つの方法でしか対処できないとするなら

 

一体どういうことが起こるだろうか。

 

その”1つの方法”が通用するうちはいいけど、

 

それが通用しなくなった時、

 

課題を乗り越える・解決する「打ち手」がなくなってしまう。

 

それはイコール実力がないということではなく、

 

持っている実力を発揮できていないということだと思う。

 

あらわれるであろう課題に対して

 

いくつかの方法を準備しておくこと。

 

そういうことが目標を達成するために必要になる。