気付く前に必要な感覚

僕たちは自分の足りなさに気付くからこそ

 

そこを改善しようと思い始める。

 

まず、気付くことがなければ

 

改善し始めることもない。

 

気付くためには何が必要だろう。

 

少しでも今よりも良くなりたいという思い、

 

どんな些細なことからも学ぼうとする視点や姿勢、

 

つまり、現状維持ではなく前を向こうとすること。

 

それって、もう少し掘り下げるなら

 

”自分の可能性にチャレンジしていくことで人生はもっとよくなっていく”

 

っていう感覚が必要なんだろうと思う。

 

人がそういう感覚を育てていくために

 

自分が手伝えることをやっていきたいなー。