チャンスを奪わない

僕たちは、知的な話とか、理屈の通った話とか、

 

情熱的な話だけで人に”心のあり方・心の持ちよう”を

 

教えることはできない。

 

もう少し言い換えるなら、そういう話・話し方で

 

”良い性格”を教えることはできない。

 

人が”心のあり方・性格”を学ぶためには

 

人の支えを借りながら、

 

思いきって物ごとをやってみる・打ち込んでみる

 

ということを続けていく必要がある。

 

そういうことを支えてくれる人とこなし、

 

時に緊張するようなことにチャレンジしたり

 

今の自分の力よりも少し上の課題に取り組んだり、

 

時に弱音をはいたり、助けを求めたりしながら、、、。

 

そういうことを繰り返し、やがて自信がついて

 

支えがなくても自分で取り組んでいくようになる。

 

そういう”チャンス”が「心のあり方・性格」を

 

作っていくのだと思う。

 

だから、僕自身、人として、親として、指導する立場にあるものとして

 

そういうチャンスを知らないうちに人から奪わないようにしていきたい。