感謝がなくなるとき

人が精一杯、自分のためにやってくれているようなことも

 

慣れてくると、それが当たり前になり、

 

それが過ぎると、さらに求めるようになる。

 

いや、そもそも自分のために時間や労力を犠牲にして

 

やってくれていることが本当にありがたいことなのに

 

それを忘れて”ちゃんとやってくれてない”なんて、

 

どれだけその状況に盲目なんだろう。

 

でも、人ってそうなりやすい。

 

「感謝をいつも忘れない」といわれるのは

 

感謝がなくなると、人はすぐに盲目になるからだと思う。

 

感謝はものごとの原点であり出発点。