やってみたときのイメージ

新しいことを始めるときに、やってみたときのイメージを

頭の中で思い巡らせ、どんな感じかを考えたりする。

 

もちろん、それは実際やってみるときのための助けにはなるけど、

イメージと実際やってみるのとでは違う。

 

思っていたほど上手くできないってこと、経験したことないですか?

 

最近、またそういうことを経験してる最中なんだけど、

イメージしていたよりも上手くいかないから少し葛藤する→

上手くできるように(自分が納得できるクオリティでできるように)

調べたり勉強したりして学んだりする→実際やってみて、回数をこなしたりする

 

こんなサイクルを経験しながら、こういう時期って何を始めるにもあるよな〜

って思いつつ、このちょっとした”ストレス”の時期のことを覚えておこうと思う。

 

この時期を経験し、成長しようとするからこそ、余裕ができて、

視野も広がり、さらに質の高いことをしていくことができるようになる。

 

”先を目指して今を見る”というよりも、

「先の方から今を見る」って感じです。