どうにかして本当にする「ウソ」

”どうにかして本当にするウソ”って知ってます?

 

ウソは良くないこと、って大体の人は教えられてくる。

 

大人になり、親になると子供にはウソをつかないように教える。

 

”ウソ”と聞くと、ネガティブなイメージがあるんだけど、

 

たとえば、まだ自分ができないこと、達成・完成したことがないことがあるとして、

 

「〜はできるか?」とか「いついつまでに〜を達成・完成できるか?」

 

と聞かれて、

 

「はい、できます」「その日までに達成します・完成します」

 

と答えるとする。

 

これ、ある意味ではウソですよね。

 

その時点では”できない”可能性の方が明らかに高いし、

 

それまでに達成・完成したことがないんだから。

 

でも、そう答えることで、どうにかしようと必死になる。

 

何とか達成・完成させようとそれまでにないくらい必死に取り組む。

 

これが「どうにかして本当にするウソ」。

 

人間、時にはこういうウソもつきながら、

 

あえて自分をそういう状況に置き、それまでの自分から変化し、

 

成長していくということもあるなーと思う。

 

今までについた「どうしかして本当にするウソ」、

 

どんなものがありますか?