やりたいからやる

たとえば、運動不足解消のために運動をすると決めたとしましょう。

 

そこには、”何の運動をする”という選択肢もあれば、

 

”いつやる”という選択肢もあるし、”誰とやる”という選択肢もあるし、

 

もしかしたら”どんな服装でやる”ということだって。。。。

 

ネットで検索して、どんな運動が効果的か情報を得て、

 

そんな中から、一番良いと思う運動をする。

 

やってみて効果的だったら、それでよし。

 

あまり効果を感じなかったり、続けられそうになかったら?

 

”もっとじっくり探せばよかったー”なんて後悔して、運動をやめます?

 

”運動して損したー”なんて思います?

 

でもちょっと考えてみてください。

 

運動不足解消のために運動がしたかったんですよね?

 

誰かのプレッシャーで運動を始めたんじゃなくて、自分で決断して

 

運動をしたんです。

 

上手くいかなかったら、なぜ上手くいかなかったかを考えるのも1つの経験。

 

一度や二度、思ったようにいかなくっても後悔する必要はないでしょ。

 

だって「やりたいからやった」んですから。

 

こんなこと、僕たちの日常でたくさんあると思います。

 

情報も選択肢も山ほどある。

 

いいと思えることはたくさんあるし、会うべき人もたくさんいるし。

 

でも、さっきの「やりたいからやった」というのがほんと大事だと思うんです。

 

もう少し待てば、もっといい選択肢が出てくるかもと考えることもできる中、

 

自分の「やりたいこと」を見つけて、やる。

 

”やらないといけないこと”とか”やらざるをえないこと”はたくさんあるかもしれないけど、

 

「やりたいこと」を見つけるということは、実は簡単なことではなくって。

 

だからこそ、それを見つけて”やる”ってことの中には、実は失敗なんてあり得ないじゃないかと

 

僕個人的には思ってます。

 

「やりたいことを見つけて、やる」ってことは、すべてがプラスの経験になる。

 

だから、”やりたい”と思ったことは躊躇せずにやる。

 

大人も子どもも同じだと思います。

 

最近、やりたいと思ってるけど躊躇してることないですか?

 

やりましょうよ!