自分になんとかできること

2011年3月11日から7年。

 

この7年が早いのか、そうでないのかはきっと人によって違うのだろうと思う。

 

自分にとって、この7年は早かったというわけでもない。

 

友人・知人が宮城・福島にいて、震災について多少なりとも関わり、

 

震災があった年の5月にはボランティアとして現地に行き、

 

その時に見た”変わり果てた街の姿” は今でも鮮明に覚えている。

 

そして、震災があった時に考えたことは、今も自分の中の

 

大切な1つの指針となっている。

 

それは、

 

”自分にできることをしよう”

 

だ。

 

これは、相手の必要が何かを考えず、何でもいいからできることをしよう、という

 

意味ではもちろんない。

 

震災があった場所から離れて暮らしている人には、ある意味で”変わらない日常”がある。

 

それは、毎日忙しく、余裕なんてほとんどない日常。

 

そんな中で震災にあった現地に住んでいる人たちのことを想い、考え、

 

”自分にもなんとかできること”を実際に行動にしていこう、ということ。

 

”できないことをしようとする”のでもなく、”できもしないことを言うだけ”でもなく、

 

”自分になんとかできること”をしようと決断し行動する。

 

それが今も自分の大切な指針の1つだ。

 

これからも”なんとかできること”を積み重ねる日々を歩む者でありたい。