自分で分かることにこだわる

自分の考え方やものの見方が


正しいかどうかなんて分からない。


ある人にとっては正しいことも


自分にとっては正しくないかもしれないし、


今の状況では正しいことも


他の状況では正しくないかもしれない。


でも、自分が誠実かどうかは


自分で分かることだと思う。


この"自分で分かること"に


こだわっていくのって


大事なんじゃないかなーと思う。

始められるかどうか

どんなことに取り組むにしても

 

簡単なことなんてそんなにない。

 

でも、まず自分一人から始められることがある。

 

大きな河の源流に、ほんの小さな湧き出ている所があるみたいに

 

自分の小さな力・一歩を頼りに

 

進み始めることができたら

 

少しずつ少しずつ何かを達成していく感覚を味わうことができる。

 

その「始められるかどうか」が大きな差を生むんだと思う。

 

今しかできないってこと

今しかできないってことと

 

今じゃなくてもできるってことがある。

 

今じゃなくてもできるってことは

 

自分の近くにあることもあれば

 

自分から遠く離れていることだったりするけど、

 

今しかできないってことは

 

ほとんどの場合、自分のほんと近くのことなんだと思う。

 

でも、自分のほんと近くゆえに

 

見逃してしまってたりする。

 

色んなことに忙しくしている僕たちなんだけど、

 

この「今しかできない」が自分の人生の

 

中心的なことなんだと思う。

「自分にウソをつかない」ってこと

色んなところでイチローのインタビューが取り上げられている。

 

僕も中学生ぐらいからイチローが好きで、

 

本を読んだりしていたのを覚えている。

 

彼の筋の通った姿勢に惹かれるところがあった。

 

そんな彼は今も筋が通った生き方をしているように見える。

 

イチローのインタビュー記事を読んで感じた。

 

彼はウソをつかない。

 

人にウソをつかないのはもちろんだけれど、

 

彼は”自分に対してウソをつかない”んだと思う。

 

練習や試合を通して磨き上げてきた技術は言うまでもないけど

 

僕としては「自分にウソをつかない」ってことの方が

 

素晴らしいことなんじゃないかと思う。

 

僕たちは結構、自分で自分をごまかしたりする。

 

だから「自分にウソをつかない」ってところにたどり着くのは

 

簡単なことじゃないというのを、身にしみて感じる。

「体験」は力強い

人の言葉や行動なんかから

 

日々、色んなことを学ぶ。

 

でも、意外と多くのことは”学んだ”だけで

 

自分のモノとはならずに終わっていく。

 

だからこそ、”大事だ”と思ったことは

 

すぐにでもやったほうがいい。

 

学んだことは、出来る限りその日のうちに

 

一度はやってみた方がいい。

 

そうじゃなければ、”思ったこと”が

 

”やったこと”という「体験」にならずに

 

過ぎていってしまう。

 

それぐらい「体験」というやつは力強いものだ。

「自分で決めたこと」を増やしていく

新しい場所、新しいステージ、


新しいステップに進むこの季節。


どんなところに進んでいくにしても


自分で決断して進んでいく道には


責任を持って進んでいけるものだ。


それと同時に自分で決めたことは


けっこう楽しんでやっていけるものだ。


日常の中で、いかに"自分で決めたこと"を


増やしていけるかが大事なんだと思う。