変えられるのは自分のみ

当たり前のことだけど人を信頼せずに

 

良い人間関係を築くことはできない。

 

家族でも夫婦でも親子でも先生と生徒でも

 

どんな場合でも同じ。

 

相手がまず自分のことを信頼してから


こちらも相手を信頼するというのも難しい話。

 

誘導しようとするとか促すことはできるけど

 

最終的には相手がどうするか決めることなので

 

相手のことをコントロールすることはできない。

 

つまり変えられるのは自分のみ。

 

自分が相手をどのように見るか、状況をどのように見るか、

 

自分はどういう態度で接し、相手にどんなメッセージをはなつか。

 

つまり”自分からのこと”だけ何とでもできる。

 

”相手が〜をしてくれてない”とかいう声を時々耳にするけど、

 

人に変化を求める前に、

 

「じゃあよくなるために自分はどんなことができる」

 

をまず考えたい。

 

その積み重ねがよい人間関係へと繋がっていくんじゃないかなー。

 

 

 

 

 

 

cafe884 in 和歌山

今日は朝から夜まで色んなところに足を運んだ1日。

 

その最後は和歌山県岩出市にある「CAFE884」。

 

今年5月にオープンしたカフェ。

 

店内はセンスのいいステキな空間で、ゆったりとしたスペースに

 

フライターグのバッグやグッズなどが飾ってあってオシャレな感じに。

 

 

オシャレなカフェっていっぱいあるし、立地とか飲み物・食べ物の味とか

 

営業時間とか価格とか色んな要素が絡まってお店が流行るかどうかって

 

ことなんだろうけど、今日直感的に思いました。

 

お店にお客さんが続けてくるかどうかはお店をやっている人の人柄次第。

 

オーナーさん、めちゃくちゃ人柄のいい感じの人で、ここに来るお客さんも

 

きっと居心地がいいと感じるだろうな〜と思いました。

 

なので、お近くにいかれた方は是非お立ち寄りください。

 

https://www.facebook.com/cafe884/

 

 

無言のメッセージ

長男の油絵3作品目。(厳密には4作品目)

 

 

油絵だけに近くで見ると絵の具の凹凸などの表現がいい感じだ。

 

彼の言葉だけでは伝わらないものが伝わってくる。

 

今日も子ども達とそんな会話のやりとりをした。

 

”いい意味でも悪い意味でも、言葉以外の自分の立ち振る舞いや表情や態度などで

 

人には伝わるものがある。

 

だからどんなことでもよく考えて行動することが大事。”と。

 

子ども自身の経験から少しずつでもそんなことを学んでいけたらいいだろうな−。

 

 

 

 

正直に生きることがバカをみない

昨日の子どもとのやりとりの中で

 

”いっそのことウソを言った方が解決するんじゃないかと思った”

 

という言葉があった。

 

自分は正しい行動を選んだのに、人が自分を悪いかのように言うとか、

 

自分は正しい行動を選んだのに、人はその行動を事実とは違うように言うとか。

 

そういうことって大人の人間関係の中にもあったり、

 

大きくいうと社会のなかにもあったりする。

 

で、僕は子どもとのやり取りの中で”しょうがないよね”とか

 

”そういうこともあるよ”とは言わなかったし、強く思ったことがある。

 

”正直に生きることがバカをみない、もっというなら正直者が得をする”ってことを

 

一番近くにいる大人として体現していく責任がある、ということ。

 

これって今のような顔を合わせないことが多い・見えないことが多い時代、

 

本当に大事なことだろうなーと思う。

 

 

無難な生き方は賢い生き方?

日本は比較的セカンドチャンス、サードチャンスが少ない社会だなんて言われます。

 

自分でいうのもあれですが、僕は結構、自由に生きているのでそこまで実感は

 

ないんですが、言われてみればそうだよな〜って思うことはたくさん。

 

学校を卒業して、就職し、仕事に就く。

 

いざ、その仕事を辞めたとして、自分の得意なことを活かせる仕事がすぐ見つかるか?

 

って言われると、そうでもない気がします。

 

たとえそれが仕事を辞めて、もう一度大学に行き、スキルを伸ばして再度仕事を始める

 

という積極的な選択だとしても、社会がそういうことを受け入れる体制にないので、

 

そういうことを選ぶ人は必然的に少なくなる。

 

つまり「無難に生きる」ことが賢い選択になりやすいということ。

 

それは人の考え方にも影響してくる。

 

人と違うことを思っても、それを発言して意見がぶつかって、困難な方向にいく

 

ぐらいなら、そもそもそのことについて考えない方がいい、なんて風に。

 

やばいですね笑。

 

僕は”人と違うことに価値がある”という感じで育ってきたので、

 

今後も自分はそんな”無難な生き方”を選びたくないし、

 

目の前にひろがる可能性に目を向け、そこを歩んでいく生き方を選びたいですね。

 

 

SC11 アンケート紹介&SOUND CLOSER CREWから

YBMのホームページに先月29日に行われたSOUND CLOSER vol.11に

 

来てくださった方々のアンケートの一部と、

 

今回イベントの中で命名された(!?)SOUND CLOSER CREWからの

 

コメントをUPしました。

 

 

ぜひ一度ご覧になって、少しでもイベントの雰囲気などを味わってもらえたら

 

嬉しいです!

 

SCCからのコメントは随時UPしていきます!